専業主婦でも借りれるカードローンはこちら

申し込みに行くときは免許証以外にも持って行きましょう

無人契約機から申し込みをする際に、本人確認の書類として、免許証だけしか持っていかないで、申し込みをすることができなかった、もしくは審査に落ちてしまった、という話を聞いたことがあります。

消費者金融に借り入れの申し込みに行くときは、なるべく本人確認の書類と収入証明できる物をできるだけ持って行ったほうがいいでしょう。免許証だけでは、収入は自己申告の状態になるので、信ぴょう性が薄いと判断される場合もあります。在籍確認を取ったところで、在籍の確認を取れただけであって、収入を保証するものではありません。収入証明書とは、源泉徴収票や給与明細などのことを言います。給与明細も1ヶ月分ではなく、最低でも3ヶ月分以上あるといいでしょう。

何故かというと、消費者金融がする在籍確認では、勤続年数がわかりません。

勤続年数は、社会的な信用に繋がる物がありますので、勤続年数が短い期間の人だと、審査に落ちることだってあります。なので、給与明細もなるべく多めの数を用意するのがいいでしょう。

もちろん直近の給与明細がないと、その効果はないので、直近の給与明細からさかのぼる形で用意しましょう。これで審査に落ちないとは言い切れませんが少しでも審査に落ちる可能性を減らすことができます。


関連記事

このページの先頭へ